kashika/今この瞬間に何が起こっているのか可視化すること。

BLOG

温度変化が材料の寸法に及ぼす影響

樹脂の寸法変化について 皆さんは室内で実験や研究を行う際に、室内温度には注意していますでしょうか。 実は温度の変化によって樹脂や金属で作った製品、器具の寸法は変わっていくのです。 特に樹脂の変化は金属よりも大きいものです …

ポリメチルペンテン

可視化実験、可視化部品を製作するにあたり、透明な材料は常に意識しております。 そんな中、先日ポリメチルペンテン(Polymethylpentene)という透明な切削材料があるということを聞きました。 特徴としては耐熱性と …

内部が薄く見える程度の研磨状態

研磨途中の状態 これは社内で使用するサンプルの製作途中の写真です。 周りは研磨後、内部は加工により発生する加工目を消した後の状態です。 写真の通り白く濁っているような状況です。 この状態では内部が薄く見える程度です。 あ …

整流用ハニカム構造

風洞実験等流れの可視化の実験において ハニカム構造を利用した整流化は 度々使われます。 実際可視化実験器具、装置として 可視化部分はアクリル、ポリカーボネート、塩ビ、ガラス等透明材質で製作し それ以外をアルミやステンレス …

紫外線透過_紫外線カット_難燃性アクリル

可視化部品を製作するに辺り、 透明性、研磨性、加工性等からアクリル(PMMA)は 可視化において非常に多く使われる材料になります。 基本的には一般的なアクリル素材を使用して加工を行いますが 使用目的によっては特殊な性能を …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © kashika All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.